セレック治療

審美歯科で活用、治療時間短縮。

ウニクス成田歯科の待合室には、ハイテク風の医療機器がどーんと置かれています。医療機器とは思えないような洗練されたデザインのこの機械、一体何なのだと思いますか?


何という名前?

これは、「CEREC MC XL」というドイツ製のセラミック加工用機械で、通称「セレック」と呼ばれています。※セレック(CEREC)とは、CEramic REConstruction(セラミック修復)を略したものです。

何に使うの?

コンピュータによって歯の修復物を設計・製作するシステムで、主に審美歯科で活用されています。最先端の3Dカメラを使用して患部をスキャンしてモニター上に再現し、コンピュータが画面上で修復物を設計。そのデータに基づいてミキシングマシンが歯の修復物を作製します。

メリットは?

  • 通常、歯の修復物をつくるときは、歯型を取った後、手作業で加工を行います。しかし、セレックを使用すれば、院内で修復物の作製が可能となります。

  • 一般的な修復物に比べコストダウンが可能に。

  • 高品質なセラミックブロックを使用するため、耐久性が増しますし、金属アレルギーの心配もありません。

  • 治療時間が大幅に短縮されます。

どの歯医者さんにもあるの?

いいえ、日本での導入率は、さほど高くはありません。ウニクス成田歯科は、セレックのなかでも最先端のシステムを導入。待合室にあるのは、最新のミリング機「MC XL」と呼ばれる機械で、スピード・能力・静音性が従来のものよりグンとアップしています。この機械によって歯の修復物が作製されますが、作動中も音はほとんど気になりません。

医院情報

ウニクス成田歯科

〒286-0007 千葉県成田市はなのき台2-25-1 (ウニクス成田内)

TEL:0476-27-8241/ FAX:0476-27-8241

診療時間

2016年12月より毎週日曜日は休診とさせていただきます。
詳しくは こちらをご覧ください。

詳しくはコチラ