ウニクス成田歯科ブログ

むし歯予防に効果バツグン!「フッ化物」とは

2021年7月6日 (火)

SDN_2107_001_b300721

こんにちは。院長の岩松です。

7月といえば、「海の日」がありますね。

 

毎年この日を迎えることで、
本格的な夏の到来を実感する方も
多いのではないでしょうか。

 

 

海水浴に出かけたり、
マリンスポーツを楽しんだり
と、
夏は海を身近に感じる機会が
増えるかと思います。

 

 

そんなと私たちは、とある時期に
密接な関わりがあるのをご存じでしょうか。

 

それは胎児の頃です。

 

 

生まれる前の赤ちゃんは
お母さんのお腹の中で羊水に浮かんでいますが、
羊水海水ほぼ同じ成分でできているのです。

 

 

海水を構成する元素には
酸素・水素・塩素・ナトリウムなどのほかに、
「フッ素」も含まれています。

 

そして、このフッ素ですが、
実は「フッ化物」として
むし歯の予防や歯みがき粉、
歯科治療でも使われることもあります。

 

 

そこで今回は、
そんなフッ素の正体
少しご紹介したいと思います。

 

 

 

 

◆あらゆるものに含まれる「フッ素」の正体

 

そもそもフッ素は単一では存在できず、
カルシウムやナトリウムなど他の物質と結びついて
自然界のあらゆるところに
「フッ化物」として存在しています。

 

なかでもフッ化物濃度が高いのは、
魚介類海藻食塩緑茶の茶葉などです。

 

私たちは毎日口にするお水や食品から、
フッ化物としてフッ素を体に取り入れているのです。

 

 

SDN_2107_002_b300721

 

 

 

 

◆むし歯予防における「フッ化物」の働き

 

フッ化物には、むし歯予防につながる
3つの働きがあります。

 

1.

歯の一番外側を覆っている
エナメル質を丈夫にし、
酸に溶けにくい歯質に変える。

 

 

2.

エナメル質から溶け出たカルシウムや
リンを再び歯に戻す「再石灰化」を促進する。

 

 

3.

むし歯の原因菌となる細菌の働きを弱め、
酸をつくりにくくする。

 

 

SDN_2107_003_b300721

 

 

 

これらの働きから、
・歯みがき粉(歯みがき剤)
・洗口液
・フッ素(※フッ化物)塗布

等に利用されています。

 

(※ 歯科などではフッ化物のことを
単純に「フッ素」とご説明することが多いです)

 

みなさんがお使いの歯みがき剤にも、
フッ化物が入っているかもしれませんね。

 

 

SDN_2107_004_b300721

 

 

 

 

◆フッ化物だけでは不十分!

 

これらの効果から「フッ素塗布」として
フッ化物はむし歯予防に用いられることがあります。

 

しかし、一度塗ったからといって
むし歯にならないわけではありません。

 

 

一生健康な歯でいるためにも、
セルフケアだけでなく定期検診で
早期発見!早期治療!
を心がけてくださいね。

 

ウニクス成田歯科
〒286-0007 千葉県成田市はなのき台2-25-1 ウニクス成田内
TEL:0476-27-8241
URL:http://www.unicus-dental.com


カテゴリー: 院長日記

医院情報

ウニクス成田歯科

〒286-0007 千葉県成田市はなのき台2-25-1 (ウニクス成田内)

TEL:0476-27-8241/ FAX:0476-27-8241

診療時間

詳しくはコチラ