ウニクス成田歯科ブログ

災害時にもケアを。

2019年7月4日 (木)

 

こんにちは!!

 

最近では、九州の豪雨による自然災害が起きています。

 

そのほかには地震、津波、台風などの災害があります。いずれの災害も、いつ起こるかわかりません。

 

災害時には、まず命に関わる救命救急への対応が優先されますが

 

避難生活が長い時、特に高齢者の方々には、歯みがきなど口腔内を綺麗にするケアが「命を守る」ことにもつながります。

災害時だからこそ、口腔ケアが必要です。

 

いざという時の避難袋に「歯ブラシ、コップ」も入れておきましょう。

 

 


カテゴリー: スタッフブログ

第二回 接遇セミナー

2019年7月1日 (月)

先日、外部の講師の先生に来ていただき、はなのき台みんなの歯科のスタッフと一緒に

接遇セミナーをうけました。

全六回にわけ細かく、医療人としての接遇を学びます。

第二回目のテーマは【電話対応】でした。

講習を聞き、みんなでロールプレイングをしました。

午後の三時間を休診にし、患者様へはご迷惑をおかけしましたが、

このセミナーで学んだことを今後スタッフ全員で活かしていきたいと思います。

 

unnamed


カテゴリー: スタッフブログ

スタッフ紹介

2019年7月1日 (月)

こんにちは!

梅雨らしいジメジメお天気が続いていますね。。

そんなお天気でもいつも笑顔で元気なスタッフをご紹介いたします(^^)/

 

歯科助手の京須愛未です。

スタッフからは【キョウちゃん】と呼ばれています(*^^*)

4月に入社をし、3か月間の研修期間後のテストに合格をし、7月からウニクス成田歯科の社員になりました。

 

合格記念に院長とパシャリ📷

DSCN0131

 

二人ともいい笑顔!(^^)!

どんよりお天気でもウニクス成田歯科は笑顔いっぱいで患者様をお迎え致します。


カテゴリー: スタッフブログ

初期むし歯に対するケア方法について

2019年6月28日 (金)

以前は削らなくても良いむし歯についてお話しました。

では、初期むし歯はどのようにケアしていくのが良いのでしょうか?

■口腔ケアを徹底する
口腔内に潜む、むし歯菌は食べ物などに含まれる「糖」をエサにして活動していきます。食後はしっかりと歯磨きをするクセをつけ初期むし歯を進めないような口腔状態にしましょう。また歯ブラシだけでなくフロスや歯間ブラシを使用し細かいところまで磨き残しを無くすことも重要です。

■フッ素
歯科医院でもよく耳にする「フッ素」は歯のエナメル質を強化し溶けにくくするという効果があります。また再石灰化を促進するという効果もあるので歯を丈夫に、むし歯の進行を止める役割をしてくれます。

■定期的に検診に行く
初期むし歯だからといって安心せず、定期的に歯科検診にてむし歯の進行具合を確認しましょう。また歯科検診ではクリーニングをしてもらえることがほとんどですので歯石の除去やブラッシング指導などむし歯の進行を防止することにもつながります。


カテゴリー: スタッフブログ

削らなくてもいいむし歯?

2019年6月21日 (金)

こんにちは!

むし歯と聞くと削って治療しなくてはいけない…とイメージされがちです。しかし、歯を削った部分と詰め物の境目からむし歯になってしまったり、詰め物の劣化によりさらに削って詰め物をやり直さなくてはいけなくなったりとむやみに削ってしまうことは「二次むし歯」になる確率が高くなってしまうことがわかってきました。

むし歯の最初の段階が「初期むし歯」といわれ歯科医院では「CO(エナメル質が溶け出した状態」と呼んでいます。

この状態であればその後しっかりと口腔ケアを続けることによりむし歯の進行を止められることがわかり最近では初期むし歯であれば削らずに経過観察する方法が進められているのです。

そのため、初期むし歯の場合であれば削らなくとも回復する可能性があるため、早めのうちに検診で見つける必要があります。


カテゴリー: スタッフブログ

メタルフリー治療の内容

2019年6月14日 (金)

こんにちは!

以前に歯科治療で金属を使用する弊害についてお話していきました。ではメタルフリー治療ではどのようなモノがあるのでしょうか?

今回は一般的な治療方法を2つご紹介していきます。

・オールセラミック
セラミック(陶器)を焼きしめた人工歯で、自然な輝きとツヤがあり審美性・耐久性に優れた素材です。微妙な色調を再現しやすく、前歯などの治療で使われます。メタルフリー(金属を使用しない)なので、金属アレルギーの心配がありません。

・ファイバーコア
ファイバーコアはグラスファイバーを芯にして、その上からプラスチック素材を被せた歯の土台です。むし歯治療で歯を大きく削ったとき、歯を支える土台を入れてから被せ物を装着します。歯の色に近いので、被せ物を装着したときに自然で美しく仕上がります。

現在金属が入っていて心配な方はお気軽に歯科医院でご相談下さい。


カテゴリー: スタッフブログ

誤嚥性肺炎について

2019年6月13日 (木)

2019年6月13日

 

こんにちは!

誤嚥性肺炎という言葉を聞いたことがありますか。

通常は食べ物が気管に入りそうになっても、むせたり、せき込んだりして、排出されるのですが、高齢者や体力が落ちている人は、それがうまくできません。

そして食べ物が肺に入り、細菌が増殖して誤嚥性肺炎を起こすことがあります。

 

誤嚥性肺炎を防ぐには、

1、口の中を清潔にして、細菌の数を減らす。

(クリーニングや歯周病の治療は、誤嚥性肺炎のリスクを減らす効果が大きい。)

2、喉の機能を衰えさせないこと。

(楽しいおしゃべりやカラオケが、喉の衰えを防ぐ。)

誤嚥性肺炎を予防し、人生を楽しみましょう。


カテゴリー: スタッフブログ

金属を使った治療の弊害について

2019年6月7日 (金)

こんにちは!

メタルフリーという言葉を聞いたことがありますか?メタルフリーとは虫歯治療の際に、被せものや詰めものに金属を一切使わず治療を行う方法です。金属は、歯肉の黒ずみや金属アレルギーなどのトラブルを起こしやすいというデメリットがあるため現在多くの医院でメタルフリーの治療を進めています。

メタルを使うことによるデメリット

・金属アレルギー
お口の中に入った金属は、劣化してサビはじめ金属イオンが発生します。この金属イオンが体内に入り込み、アレルギー反応を起こしてしまいます。

・変色
金属は歯ぐきの変色を起こす原因にもなり、金属イオンが溶け出して歯肉に入り込んでしまうために起こることです。しかし、メタルフリーの治療を行うことにより元の歯ぐきの色に戻っていきます。

歯ぐきの黒ずみに悩んでいる方はもしかしたら金属が原因かもしれません。


カテゴリー: スタッフブログ

口呼吸になってしまう原因

2019年5月24日 (金)

こんにちは!

今回は、前回にもお話した「口呼吸」についてです。

口呼吸が習慣化してしまうと、口腔内の乾燥により虫歯や歯周病、口臭の原因につながっていきますが、口呼吸になってしまう原因にはいくつがあります。

【口呼吸の原因】

・歯並びによるもの
・口周りの筋力が低下し口が閉じにくい
・姿勢の問題
・アレルギーなど慢性的な鼻づまりのため鼻呼吸ができない
・口呼吸の習慣化
もし、ご自身で口呼吸になってしまっているなあと感じている場合は原因を探り、改善していく必要があります。口呼吸から鼻呼吸へと変えていくには、ご自身の努力が必要ですが、気づいたら早めに改善していくことが重要です。

次回は、口呼吸の改善に効果的な体操をご紹介しますので、ぜひ試してみて下さいね!


カテゴリー: スタッフブログ

6歳臼歯は歯の王様

2019年5月20日 (月)

こんにちは!

今回は6歳前後に生えてくる永久歯、6歳臼歯の大切さをお話しします。

6歳臼歯はかみ合わせに大きな役割を果たしていて、歯並びや食事をする上での要となります。

かむ力全体の1/3を受け持っていてその力は60㎏に達します。

そんな大事な歯ですが、生えてくるまでに時間がかかり、かむ面の溝が深くて複雑な為とても虫歯になりやすいのです。

生えてから1年のうち50%の子供が虫歯になっています。歯の表面は生えてから2年ほどかけて硬くなるため、フッ素や

予防的に溝を樹脂で埋めてしまうシーラント処置などをして、虫歯にならないように予防しましょう。


カテゴリー: スタッフブログ

医院情報

ウニクス成田歯科

〒286-0007 千葉県成田市はなのき台2-25-1 (ウニクス成田内)

TEL:0476-27-8241/ FAX:0476-27-8241

診療時間

2016年12月より毎週日曜日は休診とさせていただきます。
詳しくはこちらをご覧ください。

詳しくはコチラ