ウニクス成田歯科ブログ

コロナウイルス対策

2020年5月9日 (土)

当院では患者様に問診表のご記入、
待合室での密集を防ぐ為ウニクスの敷地内又はお車でお待ち頂いております。
お待ちいただく際呼び出しのブザーをお渡ししますので
ブザーが鳴りましたら待合室にお戻りください。

ご協力宜しくお願い致します。

IMG_2003
小川


カテゴリー: スタッフブログ

歯みがきで新型コロナウイルスを防ぎましょう

2020年5月7日 (木)

しばらく外出自粛が続いていますが、家に居る時間が長くなるとついつい食べることも多くなっていませんか?
みなさん歯ブラシで磨いてはいると思いますが、歯間ブラシや、デンタルフロスを使われている方は少ないと
思います。歯ブラシだけの歯みがきでは汚れの70%しか落とせません。
口の中に汚れが溜まっていると、感染症にかかりやすく、重症化を招きます。インフルエンザは適切な口腔ケアで
発症率が10分の1に抑えられたというデータもあり、新型コロナウイルスにも有効と考えられます。
ご自宅に居る時間が長DSCN0470い今、普段使ったことのない歯間ブラシ、デンタルフロスを使ってみましょう。
DH金澤


カテゴリー: スタッフブログ

虫歯についての豆知識

2020年4月3日 (金)

皆様 こんにちは。

「虫歯の洪水の時代」と言われた1970年代 子供の9割以上に永久歯の虫歯がありました。
ところが2016年の調査によると虫歯の子は2割にも満たず驚くほど減っています。
でも、日本人全体でみると減ったわけではありません。実は高校卒業後に虫歯になる人は増えているのです。
高齢者のほとんどは歯が残っていても多くは歯周病によって歯肉がやせています。
歯の根元は固いエナメル質で覆われておらず歯肉の位置が下がると虫歯になりやすいのです。
近年、虫歯は砂糖だけではなくブドウ糖や果糖、でんぷんでもおこりやすいことが分かってきました。
唾液の減少は根元の虫歯の原因になります。
虫歯は今や子供の病気ではなく中高年の病気なのです。

                                        スタッフ


カテゴリー: スタッフブログ

ご来院の皆様へ マスク着用での対応のお願い

2020年3月30日 (月)

皆様こんにちは❕
 新型コロナウイルスが指定感染症になりましたね。
肺炎や感染症を防ぐため、当院では事態収束に至るまで治療時、説明時、受付対応時等のマスク着用をご了承下さい。

 当院では市販されている花粉対策等のマスクと異なり、見た目では分かりませんが
素材と製法が異なる医療用のマスクを使用しております。

 また、当院では皆様が安心してご来院して頂ける様、空気清浄機「医療施設用空気清浄装置エアロシステム35M」を天井に設置しています。
このシステムは粒径00.1μⅿの浮遊粒子も素早くきれいな空気にします。
 常にウイルス99.5%除去出来ます✨

引き続き、当院で安心して受診いて頂けるよう一同万全を期いてまいります。

DH山倉


カテゴリー: スタッフブログ

滅菌徹底しています

2020年3月14日 (土)

こんにちは!
当医院では開業当初より患者さまごとにタービンや診察器具等を滅菌しております
また、滅菌の出来ない器具に関してはディスポーザブルにし滅菌消毒を徹底しております
安心してお越しください。
DSCN0418


カテゴリー: スタッフブログ

花粉症と歯周病

2020年3月2日 (月)

梅の花が咲きほこる季節となりましたが、花粉症の方には辛い季節がやって来ました。
花粉症になると、鼻水、鼻づまりで日中、就寝中に関わらず口で呼吸する事が多くなり、薬の作用で唾液の分泌量が減り
口の中が乾きます。
以前にもお話したように口呼吸は、風邪やインフルエンザなどの感染症をおこしやすくなります。
口の中が乾燥すると唾液の自浄作用が減り、細菌が繁殖しやすくなって歯の周りに歯垢が溜まりやすくなります。
このような状態が続くと、口臭や、虫歯、そして歯周病を引き起こしてしまいます。
そうならないためには、いつも以上に丁寧に磨くこと、こまめに水分補給をする、ガム(キシリトール入り)を噛むで唾液をよく
出すなどを心がけて下さい。


カテゴリー: スタッフブログ

口腔ケアで肺炎予防

2020年2月28日 (金)

あまり身近に感じない病気でもある「肺炎」ですが、実は日本人の死因の第3位にランクインしているほど深刻な病気なんです。

口の中には常に500~700種類の細菌が潜んでいるのですが、歯磨きが十分に出来ていないなど口の中が不潔な状態であると細菌数は4000億から6000億にも上ってしまうと言われています!

この細菌の中には、肺炎を引き起こす原因となる菌も数多く含まれているためお口の中を清潔にするということは肺炎を予防するためにとても重要なことです。

若いうちはまだ、誤嚥性肺炎などのリスクは少ないですが将来肺炎にかからないためにも、口腔ケアを意識して行うクセを若いうちからつけていきましょう。


カテゴリー: スタッフブログ

お子様のお口の健康②歯並びと生活習慣

2020年2月21日 (金)

こんにちは!前回はお子様の歯並びと食習慣について紹介していきました。今回はお子様の歯並びを悪くしてしまう、生活習慣についてお話していきます。

お子様の良くない習慣として有名なのが「指しゃぶり」です。指しゃぶりをしてしまうと、上下の前歯にすき間ができ、出っ歯や開咬(前歯がかみ合っていない状態)になりやすくなります。もし、常に指しゃぶりをしている状態であれば、少しづつ注意をして辞めさせるようにしましょう。

あとは「頬杖」も歯並びを悪くさせる習慣です。顔の外側から力を加えることにより、顔がゆがみ結果的に歯並びも歪んでしまいます。特にテレビを見ている時や勉強している時など無意識にやってしまうので、その都度注意してあげるようにしましょう。


カテゴリー: スタッフブログ

食べ方や歯のケア―に要注意!!

2020年2月15日 (土)

こんにちわ(✿✪‿✪。)ノ

コロナウィルスの影響でマスクが手に入らないくなっておりますが、
皆様はマスクの確保が出来ましたでしょうか?
私たちも仕事上マスクが必要な業務ですが手に入らなくなっており
スタッフ一同節約に励んでおります(^▽^)/

今回のコロナウィルスの日本人感染者が増えている中で、死者がSARSを超えた事にびっくりしております。
早くこの感染が治まり皆さんがまた楽しく安心して過ごせる毎日になりますように…..祈ります。

さて、今回のテーマは【食べ方や歯のケア―についてです】
皆さんは、心掛けていることはありますでしょうか(⌒∇⌒)
今回みなさんには、4つの習慣を心掛けて頂けたらと思いますので
ご紹介いたしますね。

20200207_195300

是非心がけてみてください。


カテゴリー: スタッフブログ

お子様のお口の健康②歯並びと食習慣

2020年2月14日 (金)

前回はお子様が虫歯菌になどに感染しやすい時期などについてお話していきましたが、今回は歯並びについてです。

お子様の普段の食習慣で将来の歯並びも左右されるということをご存じでしょうか?

大事なことは「普段からよく噛んで食べる」ことです。

ご飯や麺類などの柔らかいモノだけではなく、食物繊維の多いキノコや野菜、海藻、など噛み応えのある食材を日々の食事に取り入れるようにして下さい。

よく食べやすいように小さく刻んだり、マッシュしたりする方も多いですがあまりやりすぎると噛む力が弱く顎が発達しにくくなります。顎の成長を促すことにより、顎が広がり歯がきれいに並ぶようになります。

歯並びが悪いと虫歯や歯周病にもつながっていきますので、子供の頃から歯並びを悪くしないように意識していきましょう。


カテゴリー: スタッフブログ

医院情報

ウニクス成田歯科

〒286-0007 千葉県成田市はなのき台2-25-1 (ウニクス成田内)

TEL:0476-27-8241/ FAX:0476-27-8241

診療時間

2016年12月より毎週日曜日は休診とさせていただきます。
詳しくはこちらをご覧ください。

詳しくはコチラ