ウニクス成田歯科ブログ

お口のケア

2020年1月16日 (木)

こんにちは!
今回は、簡単にできる口臭対策として3つのポイントをご紹介します。

ポイント1つ目は、『朝食をしっかりとる』ことです。
朝食をとることによって、胃や腸を動かす効果があり、口臭予防にもつながると言われています。

ポイント2つ目は、「適度な舌磨きも」ということです。
1日1回朝食後が目安で鏡を見ながら優しく丁寧に行い、磨きすぎも注意です。

ポイント3つ目は、食後の歯みがきです。
3度の歯みがきは基本です。菌がたまり、口臭の原因に。


カテゴリー: スタッフブログ

災害時「水がある場合」のお口のケア方法

2020年1月16日 (木)

こんにちは!

前回は災害時のお口のケアでが出来ないことによる危険性についてお話しました。今回は、具体的な災害時のお口のケア方法についてお話していきます。

<水がある場合>
①食後はお茶やお水でうがいをする
②こまめに水分をとるようにする
②歯ブラシがある場合は普通に歯磨きをしたあと、歯ブラシはティッシュでキレイに拭き取り、少量の水でうがいをする
②歯ブラシがない場合はティッシュなどで歯や口腔内を拭き取ってから、少量の水でうがいをする
④入れ歯は毎食後外してティッシュなどで拭き掃除をし、最後に水で軽くうがいをするようにする

貴重な水なので、普段通りのうがいなどは難しいと思いますが、テッシュなどを利用して最後に軽くうがいする程度でも大幅にお口の衛生環境は改善されます。


カテゴリー: スタッフブログ

災害時のお口の衛生について

2020年1月9日 (木)

こんにちは!昨年は台風など災害が多い一年でもありました。

電気、ガス、水道などのライフラインが止まってしまうことで多くの問題が起きましたが、見落とされがちなのが「口腔ケア」です。特に水道が止まってしまうと、今まで当たり前にしていたお口のケアが難しくなってきます。

被災後の不規則な生活(睡眠不足など)や栄養状態の悪化、口腔衛生状態の低下、義歯の紛失などが重なると、肺炎やインフルエンザ・カゼなどの呼吸器感染症を起こしやすくなると言われています。

たかが口の中。と思いがちですがお口の健康は全身の健康につながっています。次回から2回に分けて災害時のお口のケア方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。


カテゴリー: スタッフブログ

口呼吸を改善!「あいうべ体操」について

2020年1月2日 (木)

こんにちは!
年も明け、ぐっと気温も下がり本格的に風邪を引きやすい時期になってきましたね。

以前「口呼吸」になってしまうとお口の中が乾燥し、虫歯や歯周病のリスクが高くなるということをお話しました。今回は口呼吸から鼻呼吸へと改善する「あいうべ体操」についてお話していきます。

あいうべ体操とは、口呼吸を鼻呼吸に改善していく簡単な口の体操です。この体操を続けていくと、自然に鼻で呼吸ができるようになっていきます。

<あいうべ体操のやり方>

①「あー」と口を大きく開く
②「いー」と口を大きく横に広げる
③「うー」と口を強く前に突き出す
④「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす

①~④を1セットとし、1日30セットを目安に毎日続けましょう。


カテゴリー: スタッフブログ

デンタルフロス使っていますか?

2019年12月28日 (土)

みなさんは普段の歯磨きの時にデンタルフロス(糸ようじ)を使っていますか?

たまーにするだけ…。ほとんどしない…。なんて方も多いのではないでしょうか?デンタルフロスの役割は、歯と歯の間にたまりやすい歯垢(口腔内細菌)の清掃です。

・歯と歯ぐきの間
・歯の咬み合わせの部分
・歯と歯の間

以上の3つの部分は特に歯垢(プラーク)が溜まりやすい部分です。歯ブラシでほとんどの汚れは落ちますが、歯と歯の間は歯ブラシでは落とすことが出来ません。しかしデンタルフロスを使えば歯と歯の間の汚れもしっかりと落とすことが出来ます。

歯と歯の間に出来た虫歯は治療しにくいので、しっかりとお掃除しておきたいところ。デンタルフロスを使っていない!という方はぜひ習慣づけるようにしてみて下さい。


カテゴリー: スタッフブログ

だらだら食べは虫歯に繋がりやすくなります!

2019年12月21日 (土)

こんにちは!

寒くなると家にこもりがちになり、ついつい何か食べてしまいたくなりますよね。

虫歯予防には歯磨きが重要ですが、もう一つ重要なことは長時間食べ物が口に入っている「だらだら食べ」をしないことです。

特に冬はアイスやチョコレートなどの甘いものが美味しく感じる時期…!しかし、砂糖が含まれている食べ物や飲み物が常に口の中にある状態であると、お口の中が酸性になってしまい虫歯になりやすくなっていきます。

間食をだらだらしないように注意し、甘い物を食べたあとは歯を磨く習慣をつけましょう。虫歯は普段の生活で出来やすさが決まってきます。特に甘い物が好きな方は食べるタイミングを変えたり、減らしていくようにしましょうね。


カテゴリー: スタッフブログ

歯周病の栄養分は何?

2019年12月12日 (木)

こんにちは!

今回は歯周病について少しディープなお話をしていきます。

虫歯菌は甘いものが好きで糖分を栄養に増えていくのは、多くの方が知っていますよね?では歯周病の菌はどのようなものを栄養にして増えるのでしょうか?

実は歯周病菌は「血液」を栄養分として増えていきます!特に赤血球の中の「ヘミン鉄」が大好物で、歯ぐきから出血している部分で歯周病菌を増やしていくのです。

さらに歯周病菌は空気が嫌いな「嫌気性菌」なので空気の触れない歯周ポケットの中で増えていきます。

歯周病になっていくと歯茎から出血しやすくなりますが、血が出るからとあまり磨かないでいると歯周病が悪化する原因にもなりますので、しっかりと磨くようにしましょうね!


カテゴリー: スタッフブログ

歯磨きでインフルエンザ予防!

2019年12月5日 (木)

こんにちは!

本格的に寒くなり、体調を崩しやすい時期になってきました。今年はインフルエンザが早い段階から流行していますよね。

実は「歯磨き」はインフルエンザ予防に効果的なんです!ある介護施設で行われた研究で、歯科衛生士が週1回、歯磨きや舌みがきの指導、歯垢の除去を行ったところ、実施しなかった施設と比べて、インフルエンザの発症率が10分の1に激減したという報告があります。

口の中にいる細菌はプロテアーゼ、ノイラミニダーゼという酵素をつくり、この酵素は粘膜を覆っているタンパク質を破壊し、インフルエンザウイルスが侵入するのを手助けします。

お口が綺麗であると、インフルエンザが侵入しにくくなりますので毎日の歯磨きをきっちり行いましょうね!


カテゴリー: スタッフブログ

フッ素は何歳からした方がいい?大人も効果的?

2019年11月28日 (木)

こんにちは!
虫歯予防のために、歯科検診などでフッ素を塗布しますが特にお子様のフッ素塗布は歯を丈夫にし虫歯予防に効果的です。

何歳からフッ素塗布は出来ますか?といった質問が多くありますが、フッ素は歯が生え始めたころから塗ることが出来ます。

出来れば生えたころからこまめにフッ素を塗布することが好ましいですが、まだ赤ちゃんの頃は口に何かを入れるのを嫌がる子が多いかもしれません。

まずは徐々に歯医者にならし、定期的なフッ素塗布が出来るようにしてあげましょう。

もちろん大人の歯でもフッ素は有効です。歯科医院でのフッ素塗布以外にも歯磨き粉にフッ素が含まれているものを使用して日頃のブラッシングから虫歯を予防していきましょうね。


カテゴリー: スタッフブログ

電動歯ブラシと普通の歯ブラシはどちらが効果的?

2019年11月21日 (木)

最近は色んなメーカーから機能的な電動歯ブラシが出ており、電動歯ブラシ愛用者も多くなっています。

よく患者様からも電動歯ブラシに変えた方がいいのか相談がありますが、結論から言うと電動歯ブラシでも普通の歯ブラシでも自分の磨き方が重要です。

電動歯ブラシを使うことで満足してしまい、正しいブラシの当て方が出来ていないと手磨きよりも磨けていなかった…なんてことにもなります。

どちらも正しい歯の磨き方を知ったうえで自分に相性の良いものを使うようにしましょう。

手磨きと電動歯ブラシでは、歯の磨き方が少し異なりますので使い方がわからない、歯の磨き方がわからないという方は気軽にご相談下さい。


カテゴリー: スタッフブログ

医院情報

ウニクス成田歯科

〒286-0007 千葉県成田市はなのき台2-25-1 (ウニクス成田内)

TEL:0476-27-8241/ FAX:0476-27-8241

診療時間

2016年12月より毎週日曜日は休診とさせていただきます。
詳しくはこちらをご覧ください。

詳しくはコチラ